自己破産以外の解決法

ジャッジガベル

困った時に利用しよう

日本では一時期ほどではありませんが、借金で首が回らなくなり、挙句の果ては自己破産、なんていうケースが今も昔も、数多くありますが、借金を返せないとすぐ「自己破産」を思い浮かべてしまう人が多いでしょう。しかし、自己破産まで至らなくても良い方法があるのです。その方法とは「個人再生」です。どういったシステム化というと、自己破産は申請すると借金は完全に「棒引き」となりまして、返さなくてよいということになりますが、「個人再生」はすべての債権者に対して、返済する金額をまず少なくできます。そして、残った借金を以後3年間にわたって返していって、それで債権者が納得し、それを裁判所が認めれば、残債が免除されるという仕組みです。自己破産と比べると、借金を返さなければいけないので、大変かもしれませんが、すべて返さなくてはならないというわけではないので、多少債務者の負担も減ることでしょう。この個人再生は2種類あります。まずは、小規模個人再生手続きについてです。これは主に個人事業主を対象としたものです。ただし借金の総額が5000万円以下であることや、将来的に安定した収入が見込める場合のみに適用されます。次に、給与所得者等再生手続きというものがあります。これは主にサラリーマンを対象としています。これも小規模個人再生手続きと一緒で借金総額5000万円以下で、将来的に安定した収入がある債務者にのみ適用されます。この条件を満たしていないと適用されませんので注意が必要です。このように、個人再生にはがあるので、自分に合ったものを利用してみるとよいでしょう。しかし、個人再生手続きをするときは、やはり簡単なものではないようです。なので、法律の専門家である弁護士に相談するのが良いでしょう。

Copyright© 2018 個人再生の手続きを依頼!【法律の専門家である弁護士や司法書士】 All Rights Reserved.