大きなメリットがある

男女

賢い借金整理法

払えなくなった借金を整理し支払い額を軽減する方法としては、自己破産や任意整理などが存在しています。ただ、個人再生は自己破産や任意整理よりメリットが大きく、効果的に借金を整理することができます。自己破産をする場合、住宅や預貯金の大半が処分の対象になってしまうため、手続きの後に財産を残すことが難しくなってしまいます。個人再生なら、自己破産と違って一定額を定期的に債権者に支払う必要がありますが、財産を残すことが可能です。また、任意整理をした場合より、個人再生の方が借金の総額が借金の総額を大きく減らすことができます。任意整理の場合、毎月の利息支払いなどを減らすことができるので、借金を完済しやすくなります。だ、任意整理では、利息制限法で定められている利息を支払う借金であれば、大幅に元金を減らすことが難しい場合も多いです。個人再生の場合、利息に関わらず借金を減額できる可能性があるうえに、一定期間支払いを続けていれば、残りの借金は免除されます。個人再生の場合、裁判所での手続きが必要になるため、用意が必要な書類などは多くなります。しかし、原則として借金を5分の1まで減らすことができる上に、毎月の利息支払いも大幅に軽減されます。また、住宅ローンなどの条件を満たしていれば、借金の整理のために、持ち家を手放す必要もありません。ただ、裁判手続きを経ない任意整理とは異なり、個人再生の場合は官報で告知されるなどのデメリットもあります。手続きの前には、借金の状態を分かりやすくまとめたうえで、弁護士などに相談することが重要です。

Copyright© 2018 個人再生の手続きを依頼!【法律の専門家である弁護士や司法書士】 All Rights Reserved.