どのような債務整理か

バッジ

特徴や条件について

個人再生とは、裁判所を通じて債務整理を行い、借金を減額して、借金を返済していく方法です。この方法では、まず、減額した借金を3年間で返済していく再生計画を作成します。その計画に基づき減額した借金を返済していくことになります。この方法の特徴としては、借金を5分の1まで減額することができます。そのため、借金を大幅にへらすことができます。個人再生には、複数のメリットがあります。まず、借金の原因が問われることがありません。そのため、自己破産では免責されない、ギャンブルや浪費などの免責不許可事由によって、作られた借金も減額をする事ができます。そして、自己破産のような資格制限や、職業制限を受ける事がありません。なので、現在の資格を利用している仕事を変える必要がありません。また、住宅ローンが残っている場合、住宅ローン特約を利用する事ができます。住宅ローン以外の借金のみを減らすことができます。そのため、住宅ローンを払い続けることで、現在住んでいる住宅を手放す事がなく、借金を返済をしていく事ができます。個人再生の一般的な手続きである、小規模個人再生を行うには、住宅ローン以外の、借金の総額が5000万円以下である。返済を行うため、将来にわたり継続的な収入が見込める。借金の金額の過半数を占める債権者の同意を得る。以上の条件を満たすことで手続きをすることができます。また、給与所得等再生という手続きもあります。こちらは、債権者の同意が必要ありません。そのかわり、給与などの将来的に変動の少ない収入が必要です。

Copyright© 2018 個人再生の手続きを依頼!【法律の専門家である弁護士や司法書士】 All Rights Reserved.